バスの改善すべき点とは

バスは最近、どんどん不人気になっている傾向があります。いままでよりも利用する人の割合が少なくなっています。これによってバスの本数も少なくなる傾向があって、よけいに利用しにくくなっているということがいえます。

とくに通勤や通学でバスを利用している人も多いでしょう。しかし、思った時間につかないので、できればバスは利用したくないという人も多いわけです。とくに利用者の割合をみてみると、高齢者が多くなっている傾向があります。

そういった利用であれば、とくに時間にせっつく人もいないのでいいわけです。通勤や通学でなければ、それほど時間に厳しくはならないでしょう。そういった事情の人が利用することが多くなっています。とくに車椅子や高齢者の方などは乗り降りに時間がかかる傾向もあります。こういったこともバスが遅くなる原因です。

バスが利用しにくいという原因の最たるものがこの遅さなわけです。到着予定時刻よりも遅くなることが当たり前になっていることが利用のしにくさの原因となっています。バスのにおいが嫌だという女性も多いです。バスの場合、雨の日などはとくににおいがこもりやすいという欠点があります。

バスの乗り心地というのも、あまり評判がよくないです。とくにバスは重力を感じやすいといわれています。カーブのときなど、乗っているだけで疲れてしまうという意見も多く聞かれています。

バスの運賃がわかりづらいとう意見もあります。とくに行き先ごとに運賃が変わってくるような場合には、電車のようにあらかじめ切符を買ったりする仕組みではないために不安になるという人も多いです。

とくにその場でチャージできるようなバスも少ないです。スイカなどが残高不足であったような場合には、足りない分を小銭で払うことが多いでしょう。それがめんどうだと感じる人も多いです。

また、バスはふたりがけの椅子となっていて、相席になることが多いのも難点だといわれています。1人がけの席もあるバスだからこそ、2人がけの席は敬遠される傾向があります。とくに窓際のほうに座った方は、降りるときに隣の人に迷惑がかかるということを気にする人も多いです。

バスは同じ停留所でも、いろいろな路線がくることがあります。そのような場合、停留所で待っているとわざわざ停まってくれて、そのうえで乗らないという意思表示をすることがストレスになると感じる人も多いようです。

このように、バスにはまだまだ改善すべき点があるといえるでしょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です